ジュニパーベリー

ハーブティーとして知られているジュニパーベリーですが、これはヒノキ科の木です。主に、ハーブティーとして使われるのは実の部分であり、ハーブティー以外にも様々な用途において使われています。

ハーブティーとして飲む、または食用にすることにより、デトックスの効果が得られると言われています。溜まった老廃物があるかも知れない場合に便利です。ちなみに、ヨーロッパにおいては、泌尿器系の感染症に対してジュニパーベリーが使われるほど、利尿作用に優れていると言われています。そして、香りに対してはリラックス作用がありますから、ハーブティーとしても、香り観賞用としても役立つ場面が多いです。

飲む際の注意事項についてですが、まず、ジュニパーベリーは子宮を刺激する作用がありますから、妊娠中の方は抑えたほうがいいでしょう。また、腎臓を刺激することもありますから、腎臓疾患がある場合には気をつけなくてはなりません。そして、これらの理由により、長期の利用は上記の理由のため、避けたほうが無難だと言えます。

ハーブティーとしての馴染みも薄いかもしれませんが、これについては、他にはお酒の香り付けや肉のもみ消しといったものにも使われます。

フェンネル

ハーブティーの中で、デトックス効果が高いとされるものの一つはフェンネルと呼ばれるハーブを使ったものです。これは、ダイエットティーとしても有名なものです。むくみに対し、利尿作用がありますから効果的とされています。更に、腸内に溜まったガスの改善、便秘の改善をはじめとした腸内環境を整えてくれるという働きがあります。

食後にハーブティーとして飲むのがオススメの方法で、口内炎や眼精疲労にも効果があります。また、女性ホルモンを活発化させてくれる働きがあるということですから、授乳中の母親には最適です。デトックスの効果はもちろんで、ローマ時代からダイエットを目的として愛されてきたところがあります。これ以外の効果としては、利尿作用、消化促進、月経不順、眼精疲労、更年期障害などに対して効果的だとされています。

ハーブは飲み物として使われる以外には料理としても使用できます。フェンネルの葉や茎は料理に使う場合には、魚介類との相性が良いとされています。ハーブティーとして使われるのは種の部分であり、乾燥させることにより楽しむことが出来るようになります。ダイエットをはじめ、身体の悩みを持っている方は一度試してみる価値があると言えるでしょう。

デトックスに向くハーブティー

ハーブティーというのは、色んな効果があることで知られています。その中でもデトックスの効果があるとして知られているハーブにはどのようなものがあるのでしょうか。これには、フェンネル、ジュニパーベリー、そしてハイビスカスなどがあります。この3つはどのような特徴があるのでしょう。

まずフェンネルですが、ダイエットティーとしても知られています。これは、利尿作用があるため、むくみに対して効果が高いとされています。更には腸内のガスを改善、便秘の改善などの働きが期待できます。デトックスの効果としてはもちろんですが、消化促進や月経不順、眼精疲労や更年期障害に対しても効果的だといわれています。

そして、ジュニパーベリーですが、これは飲用、または食用にすることによってデトックス効果が得られます。また、泌尿器系の感染症にも効果が認められていると言われています。また、飲用や食用以外に、香りに対してリラックス効果が認められているため、ハーブティー以外にも用途があるのです。お酒の香りつけ、肉のにおい消しなどにも用いられています。

ハイビスカスもデトックスの効果があるとして知られています。また、これにはむくみの改善に最適とされるほどの利尿作用があります。整腸効果もありますから、食欲不振にも効果があると言われています。また、多くのクエン酸が含まれていることから疲労回復にも向いていると言われています。更には、スポーツドリンクに使うのも効果的とされています。

他には腎臓の機能を促進することで利尿作用を高めるホワイトバーチ、腸内ガスの排出を助ける働きや利尿作用を高めるを持つダンディライオン、尿路をきれいにする働きで利尿作用を高めるホーステールなどがあります。

本サイトでは、特にフェンネル、ジュニパーベリー、ハイビスカスを使ったハーブティーについて解説していきます。